PR.婚活なら『こすまり』

qvcジャパンが怪しいと思われる10の理由

出典:QVCライブ 通販 – QVCジャパン

2004年からテレビショッピングとして日本で初めて24時間生放送を開始したQVCジャパン

通販事業会社としてのブランドを確立し、テレビ通販だけでなくネット通販事業においても存在感を発揮し、ネット利用者とテレビ視聴者の両方に提供できるという強みがあります。

テレビ・ネットショッピングの運営に必要なシステムを構築し、購入者にとって使いやすいシステムを提供しているQVCジャパンですが、ネットユーザーからは「怪しい」「最悪」といった声があります。

そこで、QVCジャパンとはどんな会社なのか、なぜ「怪しい」と思われるのかその理由を調査してみました。

QVCジャパンが怪しいと思われる理由(考察)

①商品の偽造表示

QVCジャパンは過去、商品に偽りがあったとして公正取引委員会より景品表示法違反で排除命令を受けています。

1度目は『びっくり湯桶』という商品で、浴槽に置くだけで銀イオンの効果で浴槽内のカビの発生を防げると偽って販売し、2度目はウール100%の商品をカシミヤが使用されていると偽って販売

3度目はスプーンとフォークのセットで、商品には木製で漆塗りと表記していましたが、実際にはABS樹脂で、ウレタン樹脂の塗料を使用しており、不当表示として処分されています。

過去に何度も偽造表示を行っている事実があるのであれば、怪しいと思われる要因の一つであると考えられます。

②過去にあった放送事故

24時間生放送のテレビショッピング専門チャンネルで、アクセサリーを注文した女性が電話生出演中に商品の批判を行う様子が放送されてしまった過去があります。

イタリア製のネックレス(価格1万9,357円)を5個注文し、電話オペレーターに進められるまま電話出演した中で、イタリア製である保証書の有無を執拗に追及しましたが、保証書はなく『修理保証書』はあるとの回答でうやむやにされていました。

電話出演した女性は「イタリア製の保証書がなければ買いません」と電話で伝えられる場面が放送されたことにより、QVCジャパンに対する不信感が高まったのではないでしょうか。

しかし、「営業妨害にしかみえない」や「ただのクレーマー」といったQVCジャパンを抱擁する意見も多数ありましたので、悪い印象を感じた視聴者は少なかったように感じます。

③詐欺サイトが存在

QVCジャパンが怪しいと思われた要因の一つに、通販業者であるQVCジャパンを装った詐欺サイトが存在し、現在、問題になっているようです。

実際に、詐欺にあった方からの投稿があり「QVCジャパンが運営するショッピングサイトの記載があり、安く販売していたため、登録して購入したものの商品が届かない。問い合わせしたがいまだ返信がない」との内容でした。

問題となっている通販サイトは、信頼性が低い中国系の偽サイトであることがわかり、警視庁からも『通信販売サイト利用する前には十分な注意が必要』であると注意換気が行われています。

本物と間違えるような偽サイトが、QVCジャパンだけに限らず複数存在しますので、本物かどうか見極める必要があります。

④電話オペレーターの対応が悪い

商品そのものの魅力や特徴を丁寧に説明しているQVCジャパンですが、オペレーターの対応が悪いという口コミが多くあります。

「返品対応のオペレーターの対応が悪かった」「謝罪もなくマニュアル通りに淡々と話すだけの対応だった」「上から目線で対応された」との声がほとんどで、内情を知っている方からの投稿には「電話オペレーターのスタッフはほとんどがアルバイトで雇われており、マニュアル以上のことは出来ない」との回答がありました。

「オペレーター次第でお客さんを逃がしているケースも多いのでは」との声もあり、「企業側がそういう対応するよう研修を行っているのではないか」と不満に感じるユーザーもいるようです。

⑤悪い口コミが多い

QVCジャパンショップ評価では、悪い口コミが多く見られます。

「欲しい商品をスムーズに注文できない」「納品予定までに商品が届かない」「商品の梱包が雑だった」との口コミが多数あり、長文で不満を記載されている内容にQVCジャパンのイメージは悪く感じてしまいますが、良い口コミしかないのも怪しく感じてしまいます。

QVCジャパンに限って言えることではありませんが、どの企業も良い面もあれば悪い面もあると寛容に受け止め、利用したいユーザーだけ利用した方が良いのではないでしょうか。

⑥QVCジャパン専用の口コミ

QVCジャパンから購入した商品に関して口コミをした際に「掲載してもらえなかった」との投稿があり、マイナスの意見は採用されないということがわかったユーザーは、顧客の声を聞こうとしないQVCジャパンに対して不信感を感じた利用者もいるようです。

「良い意見ばかりの口コミを見て信じてしまった」との声もありましたので、商品にとってマイナスな意見は口コミの掲載をしない企業体質に信頼性はなくなってしまいます。

⑦サクラ使用の疑惑

QVCジャパンの視聴者からは「お電話が大変込み合っています」「残りわずかです」など、商品人気があるような言葉に「ウソっぽく聞こえる」「やらせっぽい」といった疑いの声があり、「サクラを使用しているのでは」との疑惑がありました。

しかし、関係者からの投稿で「それなりに売れる商品という前提でだしているので、どれも売れてしまっているから疑わしく感じてしまうということになっていると思う」と回答されていました。

また、本当のクレームが電話生出演中に放送されたことにより「サクラがやっていたわけではない」とかえって本物の顧客を登場させたことを裏付けた結果もありますので、サクラを使用しているとの疑惑を感じる視聴者は少なくなっているように思えます。

⑧返品率が高いと取引停止

通販業者は返品を受け付けない企業がほとんどのなか、QVCジャパンは商品到着後30日以内の返送が可能で返品を認めています(返品不可の商品もあります)。

しかし、購入者の返品率やキャンセル率が多いと取引中止になる可能性があり、「気軽に買えない」といった声がありました。

なかには、QVCジャパンから『取引中止になる可能性がある』との警告の手紙が届いた利用者もいるようで、「逆に不良品ばかり送ってすみません」との謝罪が欲しかったとの投稿もあります。

QVCジャパンは外資系企業なので、海外では使用後に返品する、ワードロービング(返品詐欺)が多いと聞きます。

ただ、「届いたのが違う商品だった」「不良品が届いた」「サイズが合わない、似合わない」といった理由で返品する利用者には、取引中止になる行為であることに不満はでてくるのではないでしょうか。

何度も返品することが多いのであれば、通販で購入するという選択を一度考え直したほうがいいのかもしれません。

⑨返品ができない

QVCジャパンは、返品可能商品であれば30日以内は返品できると認められていますが、返品ができない商品に関しても注意事項はあります。

「返品可能商品なのに返品できないと言われた」と不満を露にするユーザーもいるようで、返品できない理由の内容に納得できない方もいるようです。

また、お客様都合の返品であれば送料の返金なし、返送料もお客様負担となっており、返品対応しているテレビショッピングでもイメージは悪くなってしまいます。

実際に「QVCで購入する際は気を付けた方がいい」「返品するのにもお金がかかるのでもう購入はしない」といった口コミもあります。

利用者の返品内容によるとは思いますが、顧客を突き放すような対応は少し考えたほうがいいのかもしれません。

⑩高額商品は本当に売れている?

「QVCジャパンは、お買い得商品でも価格が高かったりするのに何故あんなに売れるのか」と疑うユーザーがたくさんいます。

ファッションで数千円、アクセサリーで数万円と高額な商品ばかりで、「購入者のほとんど高額所得者の裕福な家庭が多い」「QVC信者しか購入しない」といった投稿が見られます。

普通の人であれば、他サイトで比べて購入することで、QVCジャパンからの購買意欲は湧かないという声もあり、テレビショッピングで購入する利用者を見て、「正常な判断ができていない」と捉えるユーザーもいるようです。

QVCジャパンは怪しい?まとめ

これまでテレビショッピングで商品を購入した事はありませんが、QVCジャパンを利用する消費者がたくさんいるという事実に驚きました。

テレビショッピングを見ていても、そんなに購買意欲は湧かないうえ、どの商品を見ても高額なものばかりで躊躇してしまいます。

テレビショッピングの戦略に踊らされるユーザー層にはなりたくない、という気持ちはありますが、ウクライナ避難民支援で寄付していたり、字幕放送を行い耳の不自由な方や高齢者にも楽しく見てもらえるような番組作りに取り組む姿勢には応援したくなる気持ちは出てきます。

テレビショッピングに関しては、マイナスのイメージしかありませんが、QVCジャパンの視聴者に寄り添った楽しいショッピングの放送には、今後も楽しみに期待しています。