PR.婚活なら『こすまり』

オオサカ堂は怪しい?騙された、閉鎖、危険、偽物、やばい、違法、最悪?

出典:オオサカ堂|海外医薬品の個人輸入代行・通販

オオサカ堂という海外医薬品の個人輸入代行サイト、怪しくないですか。20年以上運営しているサイトですが、どのSNSを見ても悪い噂しか出てきません。

しかも、厚生労働省から注意喚起をされたり、健康被害問題などとにかく怪しさ全開です。そこで、今回はオオサカ堂の怪しい点を順を追って説明します。直ぐに読み終わるので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

オオサカ堂が怪しいと言われる理由

<理由1>不定期に起こるサイト閉鎖

オオサカ堂を利用していて、ある日突然サイトが閉鎖されているところに遭遇します。その時期は不定期で、しかも事前の告知がないため利用者は戸惑いを隠せません。

さらにはある日突然サイトが復活する上に、閉鎖していた理由が掲載されることもなく、なにもなかったかのように取引が再開されます。

もう、怪しいことこの上ないですよね。これに関しては、レジットスクリプトというオンライン薬局を検証し監視する機関から目をつけられ、摘発されたことが要因のようです。

実際に、2017年にオオサカ堂はドメインを変更しています。幾たびもレジットスクリプトから摘発されサイトを閉鎖したため、対策としてドメイン変更をしたのではないかと噂されています。

真相は定かではありませんが、変更後のオオサカ堂ももちろんレジットスクリプトはチェックしており、評価としてはあまりよくないとのこと。適正な機関により目をつけられているところからして、怪しすぎますよね。

<理由2>クレジットカード決済が使えない

サイトでの購入の場合、通常はクレジットカード決済が可能ですが、オオサカ堂の場合クレジットカード決済が不可能なのです。以前は使えたようですが、あるときから突然使えなくなり、現在は銀行振込で対応しています。

利用者からは戸惑いの声も多くあります。クレジットカード決済が出来なくなった原因として、クレジットカード会社からの信用がなくなったのではないかといわれています。

クレジットカードを利用するということは、利用者のみならず企業の信頼がなければ利用することができません。以前は使えたのに急に使えなくなったというところから、オオサカ堂の信用がなくなり使えなくなったと考えるのが妥当ですよね。

さらには、クレジットカード会社から信頼をなくした根本原因として、レジットスクリプトの働きかけがあったのではともいわれています。クレジットカード会社から信用がなくなるほどの会社ということは、怪しさが増大しますね。

<理由3>健康被害問題あり!?

オオサカ堂は、そもそも医薬品を販売しているわけではありません。個人が購入したい薬などを代行して購入し、販売しているだけであり、品物が医薬品だろうが医薬品でなかろうが取り締まりにはあまり引っかからないのが通常です。

しかし、2012年に厚生労働省の取り締まりにより注意喚起をされたオオサカ堂。この時は、健康食品として販売していたものに医薬品が入っていたとか。

オオサカ堂が故意に販売したのか、購入者の情報を信じて販売していたのかは定かではありませんが、厚生労働省に注意喚起されたということが、怪しさに拍車をかけますね。

<理由4>安全性や信頼性なし?

オオサカ堂で販売している製品は、安全性や信頼性が低いという書き込みが多数見受けられます。これだけ怪しいオオサカ堂で販売している製品では、安全性も信頼性もないように見受けられます。

しかし、実際に販売している製品の中ではメーカー正規品保証と書かれているものや、成分鑑定書が掲載されているものもあります。

そのため、全ての商品が怪しいかというと、本物の商品である可能性も高いですが、全体的に信頼できるかというと出来そうもないですよね。

<理由5>荷物到着遅延、商品取り扱い終了

商品を購入したら、到着するのはなるべく早くがいいですよね。特に薬や健康食品などは、買ったら直ぐに試したいものです。

しかし、オオサカ堂で購入した場合には商品がいつ届くのか不明で、しかも届くのが遅くなるなら連絡があればいいものの、音沙汰もなく何週間も商品が届かないという事態があるとか。

さらには、使っていてもう一度購入したいと思う商品でも、告知なくいきなり商品の取り扱いが終了しているケースもあります。そうなると、このサイトは怪しくて利用したくなくなりますよね。

<理由6>代金を振り込んでも、未入金との回答が!?

商品を購入し銀行振込をしても、オオサカ堂から未入金のため直ぐに入金してほしいという連絡があるとか。銀行振込なので、振込履歴があるはずです。

しかし、いくら連絡をしても先方からは未入金であるということのみが連絡あるとのこと。振込先を誤っていたのであれば利用者側の過失ですが、指定された振込先に振り込んでいるにもかかわらず、このような態度を取られると怪しすぎますよね。

<理由7>法律に違反しているのでは!?

数々の怪しさからもう既にお気づきの方もいると思いますが、オオサカ堂は法律に違反しています。
薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)第68条において、承認前の医薬品、医療機器及び再生医療等製品の広告の禁止が明記されています。

オオサカ堂は国内で販売されていない海外の未承認の薬を取り扱っており、薬機法に違反しているのですが、実はオオサカ堂は日本の会社ではありません。本社は海外にあるため本社が拠点の国の法律に準拠していれば、問題ないのです。

法律的に問題ないといわれても、利用者は日本人です。購入自体に問題がないといわれても、やはり気になりますし怪しさが増大しますね。

<理由8>オオサカ堂のアフェリエイトをすると逮捕される!?

アフェリエイトとは、オオサカ堂の商品を掲載し広告することで報酬を稼ぐことができるものです。このアフェリエイト、一部SNSではとても稼げると有名とのこと。稼ぐことは稼げるようですが、実はこれが違法なのです。

それはなぜか…。思い出してください。オオサカ堂は未承認の医薬品を代行して販売している会社です。海外拠点のため取り締まりを潜り抜けていますが、実際に日本の法律に違反しています。

販売するだけでなく、広告しても薬機法に違反するため厳重注意、最悪のケースでは一発逮捕となる可能性もあります。もし仮に日本に住んでいない人がオオサカ堂のアフェリエイトをするならば、さほど問題となりません。

しかし、日本に住んでいて日本のサーバーを経由してやり取りを行う場合には、日本の法律に準拠する必要があり、薬機法に抵触するのです。もう、オオサカ堂に関することは怪しすぎて関わりたくないですよね。

<理由9>運営者が逮捕された?!

オオサカ堂の運営者が逮捕されたのではないか、という噂がSNS内で駆け巡りました。これだけ怪しさがある会社の運営者であれば、逮捕されたとしても不思議はありません。

しかし、今のところそのようなニュースや報告は見当たらないので、逮捕された事実はないのではないかといわれています。そもそも、オオサカ堂は海外に拠点をおく会社であり、海外の法律に準拠していれば日本の法律がどうであれ逮捕されることはありません。

もし逮捕されることがあったとしても、日本での逮捕でなければメディアもそこまで取り上げないでしょう。しかし、そのような噂が駆け巡るということは、怪しすぎる会社であることは間違いありません。

<理由10>問い合わせに返事なし!?

利用者が商品を購入する際もしくは購入後にオオサカ堂に問い合わせた際、全くといっていいほど返事がないとのこと。インターネットの世界での取引では、顔と顔を突き合わせないからこそ、顧客からの連絡は密にしたいものです。

そこをおろそかに、しかも全くといっていいほど返事を返さない姿勢をみると、利用者側は不信感を募らせますし、怪しくて今後利用したいと思えなくなりますよね。顧客損失になると思う行為ですが、オオサカ堂はそれでいいのでしょうか。

オオサカ堂は怪しい?まとめ

いかがでしたでしょうか。オオサカ堂の怪しい点をお伝えしました。もう、話せば話すほど聞けば聞くほど怪しさが増長していきませんか。

オオサカ堂は怪しいといわれても仕方ありませんが、どんなに怪しくてもたくさんのファンや利用者がいるのは事実です。薬局に行かなくても手軽に購入できるSNS上での薬の購入は、利用する側にとってはとても便利です。

品ぞろえが豊富でいろいろな商品を比較したい場合などはオオサカ堂を利用するメリットになります。専門機関による成分鑑定書がある商品については信頼できるといえますし、日常的に使用するサプリメントなどは安く手に入るオオサカ堂で購入すると、毎月の出費を抑えることもできますね。

怪しい点はたくさんありますが、利用者はオオサカ堂のリスクをわかった上で商品を選択し購入するのがいいでしょう。

そして、オオサカ堂は商品の発送状況や入金確認、問い合わせへの返答などを真摯に対応することで、怪しいといわれる状況も少しずつ改善されるのではないでしょうか。