PR.婚活なら『こすまり』

インディード求人は怪しい?ブラックばかり、連絡こない、闇バイト、勝手に

出典:給与 | Indeed (インディード)

就職活動や転職活動に使える求人サイトとして有名なインディードですが、ネットで評判を調べると怪しいという口コミがたくさん上がってきます。膨大な数の募集案件を閲覧できる巨大求人サイトですから、ぜひ使ってみたいですよね。

でも、インディードの求人は怪しさ炸裂…なんて、口コミを見ると、「ここで転職活動して大丈夫かな?」って考えてしまいますよね。

インディードは本当に怪しいサイトなのでしょうか?

今回はインディード求人が怪しいと言われる理由について考えてみました。

インディード求人が怪しいと言われる理由

①意味の分からない求人が怪しい

たとえば、カンタン作業の募集で月収30万円と書かれている求人がありました。カンタン作業なのに夜勤有で寮費無料となっていたりします。もちろん、会社名は聞いたことも見たこともない名称です。

こういういかにも「怪しい」求人が多いという特徴があるインディード。

変な募集案件が多いのは、インディードへの求人募集掲載は無料でできて、しかも審査が緩いからなんです。だから、インディードには怪しい案件があふれることになるのですね。

②条件が良すぎて怪しい

意味が分からない求人も多いですが、条件が良すぎるものが多くて怪しいと感じる人もいるようです。

同じような業種と比較して、異常なまでの好条件の求人が出ていることも。こういうのは、採用されてみると掲載されていた内容とまったく違っていたり、ブラック企業だったりするので、注意が必要です。

条件が怪しいと思ったら、その案件は無視するのが無難です。

こういう待遇が良すぎて怪しい求人は、他のサイトでもよく見かけます。結局、美味しい話はそれほどごろごろ転がっていないということ。条件がいいからといって舞い上がったりしないことが肝心です。

③詐欺まがいの案件が多くて怪しい

インディードの求人の中に、詐欺の片棒を担がされるような案件があったとして、少し前に話題になったことがありました。高齢者を狙った特殊詐欺グループが、だました現金を回収する人材をインディードなどで募集していたというのです。

実際の労働条件と異なる内容で募集をかけるブラック企業も詐欺ですが、このタイプはまさに正真正銘、詐欺グループのスタッフ求人ということになります。

こういう案件ですらそのまま掲載されてしまうのですから、インディード求人は怪しいと噂が立つのももっともですよね。

④そもそも求人サイトなのか怪しい

インディードでは就職先や転職先を探すことができるので、一般的な求人サイト、あるいは転職エージェントのような感覚で使う人もいます。

間違わないでもらいたいのは、インディードは『求人検索サイト』であり、転職エージェントではないということです。

『求人サイト』という大きなカテゴリーの中では、インディードも他の転職エージェントも同じように見えます。でもインディードは『求人に特化した検索エンジン』だということ。

Googleやヤフーみたいなものですね。もちろんインディード上に直接提出されている求人案件もありますが、その他いろいろな求人サイトの情報をインディード経由で見るシステムになっています。

「この案件に応募しよう」と思ってクリックしても、別の求人サイトの案件であることがあります。その場合は、そちらの求人サイトで新規登録してから応募することになるため、この辺の流れが怪しいと感じられてしまうのでしょう。

⑤検索が機能しなくて怪しい

インディードの良い口コミと悪い口コミを読んでいると、矛盾する点があります。「検索しやすくて便利」という意見と「検索機能が使いにくい」という、相反する口コミがあるのです。

「検索機能が使いやすい」といっている人は、おそらく募集案件が多くて検索するとすぐにたくさんの案件がヒットすることを意味しているのでしょう。

一方で「検索機能が使いにくい」という口コミもあります。インディードの求人検索では、募集内容に書かれている単語をすべて拾って検索結果に表示させてしまうので、自分の求める内容でないものが上がってくることがあるのです。

たとえば『正社員』の案件を検索したいのに、アルバイトの募集案件でもその詳細欄に『正社員』という単語が一つでも入っていたら、検索結果としてヒットしてしまうという具合です。

いくら検索をかけても、自分の求めている案件がスムーズに上がってこないため、怪しいと感じてしまうのですね。

⑥求人目的じゃない案件が怪しい

求人サイトなのに求人目的じゃない案件が掲載されているって、どうなの?って思いますね。インディードは審査が緩いため、こういう怪しい案件もすんなり掲載されてしまうのが困ったところです。

求人だと思って(ふつうはそう思いますよね、求人サイトですから)応募したら、実際はオンラインサロンへの勧誘目的だったなんて体験談もありました。こういう求人案件も野放し状態になっているのが、インディードの実態のようです。

⑦誤字脱字が多くて怪しい

インディード求人の中には、募集内容の文章に誤字脱字が多かったり、日本語として怪しい部分があったりする案件があります。こういうのも、怪しい印象を与えてしまいますね。

インディード求人の中には悪質企業の募集もあります。人材を募集する気がないのに、広告目的で掲載しているだけの会社もあるのだとか…。

そんないい加減な会社も使っているので、募集要項の内容は適当に作られたものがそのまま掲載されていたりするのです。

⑧連絡先の記載がなくて怪しい

インディード求人の中には連絡先がはっきり明記されていないものもあります。会社の電話番号や住所が書かれていなかったり、記載されている会社名でネット検索しても情報が見つからなかったりということがあります。こういうのも怪しいと感じてしまいますね。

ただ、会社が電話番号を記載していないのは、人手不足で電話対応できないからという事情もあるのかもしれません。会社によっては、なんらかの理由でわざと電話番号を掲載していないところもありますので、一概にすべて怪しいともいえないのです。

⑨スカウトメールやなりすましメールが怪しい

インディードでは職歴などのプロフィールを登録すると、人材を募集している会社の方からスカウトメールが届くことがあります。

ところが、応募した覚えがない会社からいきなり『内定通知』が届くなど、怪しいスカウトメールが報告されています。

意味不明なメールが届いたら、ふつうは開封しないものですよね。ところが、すでに複数企業に応募している人は、メールの件名に『内定』という文字を見ただけで喜んでしまうでしょう。送信元を確認する前にメールを開いてしまい、トラブルになるということが起こっています。

インディードは知名度が高いので、その名前をかたって怪しいメールを送ってくる悪質業者もいます。

登録したこともないのに突然インディードを名乗る業者からメールが届いたという体験談がネットに公開されていました。

求人サイトとしてたくさんの人が使っているため、それを悪用する人が後を絶たないようです。インディードに登録している人の場合は、なりすましメールをついうっかり信用してしまうこともあり得ます。インディードを使用する際には気を付けたいですね。

⑩似た名前の副業サイトが怪しい

インディードの綴りは「indeed」ですが、これに「e」を追加して「indeeed」というサイトも存在しているようです。こちらは副業サイトで、明らかに怪しいサイトですので、使わないようにしましょう。

この投稿をみなさんが読んでいる時点で、まだ存在しているかどうかわかりませんが、副業サイトなのに利用するには最初に1万円以上支払わなくてはならないというサイトです。

いかにも怪しいですよねー。SNSなどでたまに宣伝として上がってくるようですが、紛らわしいので注意しましょう。

インディード求人は怪しい?まとめ

インディード求人が怪しいといわれる理由についてまとめてみました。

インディードは無料で使えて求人掲載の審査が緩いため、悪質案件も掲載されてしまうのが実情のようです。ただ、だからこそ閲覧できる案件が多いということもいえますね。

怪しい案件が目立つインディードですが、その中には真面目に人材を募集している優良企業もあります。

検索機能が使いにくい上に悪質な案件も多いですが、膨大な数の募集案件を検索できるという点はメリットの一つです。複数の求人サイトの募集案件を一気に検索したり、閲覧したりできるのは、ユーザーにとっては非常に便利。

怪しい求人とまともな案件をよく見極めることが大切です。上手に使いこなして、就職、転職活動を成功させてくださいね!