PR.婚活なら『こすまり』

ワイモバイルの親会社は『ソフトバンク株式会社』だった。

ワイモバイル株式会社は、かつて存在した日本の電気通信事業者。主にADSL回線の卸売とワイモバイルブランドでの移動体通信およびPHSサービスを提供していた。

2014年、イー・アクセス株式会社とウィルコム株式会社が合併し、その合併会社をヤフー(現Zホールディングス)が取得する予定だった。しかし、ヤフー親会社であるソフトバンクとの協議の結果、協業としてワイモバイルの事業が始まった。

2013年に一度ソフトバンクの完全子会社となったが、議決権付株式の売却により持分法適用関連会社となり、2015年、ソフトバンク株式会社に吸収合併され解散した。

ワイモバイル株式会社の消滅

2013年にソフトバンクの完全子会社となった後、2015年4月1日にソフトバンクモバイルとの吸収合併が行われ、法人としてのワイモバイルは解散した。この合併は、経営資源の一層の集約と国内通信事業の競争力強化を目的としていた。

合併後もワイモバイルのブランド名は存続しており、移動通信サービスの提供は継続されているが、ワイモバイル自体はその機能を終え消滅している。

「情報革命で人々を幸せに」という経営理念のもと、革新的なサービスの創出と経営効率の向上を目指すソフトバンクグループの一環として合併が行われた。ワイモバイルの消滅は、ソフトバンクグループの更なる統合の一歩として記録されている。

ワイモバイルが吸収合併された経緯

ワイモバイルは、全国46都道府県でワイモバイルブランドの通信サービスを展開し、特に沖縄県を含む広範な地域で顧客基盤を確立していた。一方、ソフトバンクは、国内外で広範なモバイル通信サービスを提供する大手通信企業である。

この合併の主な目的は、ワイモバイルの顧客基盤とソフトバンクの技術・ネットワークを統合することにより、より高品質な通信サービスを提供し、国内通信市場での競争力を強化することにあった。

2015年4月1日に行われたこの吸収合併により、ワイモバイルのサービスはソフトバンクブランドに組み込まれ、さらに全国的に展開されることとなった。結果として、日本のモバイル通信市場は、より強力なプレーヤーの出現によって新たな局面を迎えたのである。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド

ワイモバイルは、現在ソフトバンク株式会社のサブブランドとして位置づけられている。ソフトバンクの高品質な回線をそのまま利用しながら、ワイモバイルはより安価な料金で通信サービスを提供。

つまり、大手キャリアよりも安い料金でスマホの契約ができる通信事業者ということだ。ソフトバンクのサブブランドとして、ユーザーに高速で安定した通信環境を提供している。

この統合により、日本国内のモバイル通信市場において、より強力なプレーヤーが誕生したと言える。ワイモバイルの顧客は、ソフトバンクのネットワークを利用しながら、リーズナブルな価格で通信サービスを享受できることから、多くのユーザーに支持されているようだ。