鳥取銀行がやばいと言われる10の理由

鳥取銀行

出典:鳥取銀行|青い鳥の銀行です。

鳥取銀行は、鳥取県を中心とした地方銀行で、「とりぎん」の愛称で親しまれています。

しかし、近年、鳥取銀行がやばいという噂が広がっているようです。その理由とはいったいどのようなものでしょうか?

今回は、鳥取銀行がやばいと言われる10の理由について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

鳥取銀行がやばいと言われるようになったのはなぜ?

鳥取銀行は、過去に不祥事やトラブルが多発し、内部管理体制に問題があるとして業務改善命令を受けたことがあるようです。また、地盤とする鳥取県と島根県は、人口が少なく減少傾向にあり、地方経済の衰退が収益環境を悪化させていると考えられます。

このような理由から、鳥取銀行は厳しい状況に直面しており、一部でやばいと言われるようになってしまったのではないでしょうか。

この記事を読むことで、自身のニーズや利用目的に合わせて最適な銀行選びをすることができるようになります。

現在、鳥取銀行を利用している方も、これから利用を検討している方も、今後の銀行選びのためになりますので、ぜひご一読ください。

鳥取銀行がやばいと言われる10の理由!その衝撃の内容を解説

①内部管理体制

鳥取銀行では、2005年から2007年にかけて5件もの不祥事が発覚しました。これにより、内部管理体制に問題があるとして、業務改善命令を受けたことがあるのです。リスク管理の不備や、コンプライアンス(法令遵守)体制の甘さが指摘されています。

こうした問題は、金融機関としての信頼性を損なうだけでなく、将来的な経営リスクにも繋がる可能性があると言えるでしょう。

とくに、不適切なリスク管理は、予期しない経済環境の変動時に、銀行を脆弱な状態にさらすことになります。また、コンプライアンスの不備は、法的な問題や罰金のリスクを高め、銀行のブランドイメージにもネガティブな影響を与えかねないのです。

このように、内部管理体制の弱さは、鳥取銀行にとって大きな問題であることは間違いありません。

②財務状況

鳥取銀行の最大の問題点は、その財務状況にあるようです。

近年、利益率の低下や不良債権の増加が目立ち、銀行の基盤を揺るがす大きなリスクとなっています。地方銀行としての限界が露呈しており、資本効率の悪化が顕著になっているのです。

しかし、この問題を逆手に取り、効率化や新しい投資戦略を模索するチャンスがあります。財務改善は、銀行の信頼性を高め、投資家への魅力を増す可能性を秘めていると言えるでしょう。

③預金解約トラブル

2018年、鳥取銀行が日南町の支店を撤退。これに対して、日南町は鳥取銀行に預けていた約5億6000万円の定期預金を解約するという決断を下しました。

銀行の支店撤退は、地域経済にとって深刻な影響を及ぼすことがあります。とくに地方の小さな町では、地方銀行はコミュニティの中心的な役割を果たしていることが多いのです。

このできごとは、銀行側のビジネス戦略と地域社会の要求とのあいだに生じる齟齬を浮き彫りにしました。地方銀行は、地元住民と密接に関わっており、地域の経済や社会に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

預金解約トラブルのあと、鳥取銀行は日南町との話し合いを通じて信頼回復に努めました。

また、地域経済や社会に貢献するための投資や、地域企業の資金調達などのサービスを提供するといった対策も行っているようです。

④顧客サービス

鳥取銀行が直面している顧客サービスの問題は、主にデジタル化の遅れに起因しているようです。

現代では、オンラインバンキングが日常生活に欠かせないものになっています。

ところが、鳥取銀行では、このデジタルサービスの提供が他の大手銀行に比べて遅れているのです。これにより、顧客の利便性が低下し、とくに若い世代からの不評が集まっていると言われています。

⑤技術革新の遅れ

金融業界は、デジタル化やフィンテックの進展により日々変化しています。しかし、鳥取銀行はこの波に乗り遅れていると言われているようです。

「顧客サービス」でも述べたように、鳥取銀行ではオンラインバンキングシステムの機能が他の大手銀行より劣っており、加えてモバイルアプリの利便性が低いことも指摘されています。

また、ブロックチェーン技術やAIの導入において遅れを取っているとの声もあるようです。これらの技術は、効率的なサービス提供やセキュリティの向上に大きく貢献するため、鳥取銀行の競争力の低下に繋がっていると推測できます。

ただし、これから鳥取銀行が新しい技術を導入すれば、長期的な競争力が向上し、将来的な成長と利益を得られるのではないでしょうか。

⑥地域経済への影響

鳥取銀行の経営不振は、地域経済にも悪影響を及ぼしているようです。地元企業への融資が減少し、投資活動の低下につながっているとの声が上がっています。

これは、地域のビジネスの成長を制限し、結果として地域経済全体の発展を阻害している可能性があると言えるでしょう。

また、銀行自体の信頼性が低下することで、地元住民の不安が増し、経済活動が慎重になるという副作用も発生しています。

このように、鳥取銀行の現状が地域経済に及ぼす影響は小さくありません。今後、どのようにこれらの問題に対処し、再び地域社会のサポート役としての役割を果たすかが重要なポイントになるでしょう。

⑦人材流出

近年、鳥取銀行では優秀なスタッフの流出が顕著になっています。

銀行業務は専門知識を要するため、経験豊富な人材が経営の安定には欠かせません。人材流出の背景には、給与やキャリアアップの機会の限界、職場環境の不満、さらには組織の将来に対する不安などがあるようです。

とくに、若手の優秀な人材が競争力のある他の金融機関や異業種に移籍するケースが急増。将来の銀行経営に大きな打撃となることは間違いありません。

しかし、これにより組織の風通しが良くなり、新しい人材やアイデアが入ってくる可能性があるため、変革の原動力になるのではないでしょうか。また、残った社員のモチベーションや責任感が高まるということも考えられます。

⑧投資戦略

鳥取銀行は、投資戦略においても苦戦しているようです。たとえば、リスクが高い投資に過度に依存していること、また、将来性のある分野への投資が不足していることが指摘されています。

これらの戦略は短期的な利益をもたらすかもしれませんが、長期的な視点で見ると銀行の安定性に悪影響を及ぼすリスクがあると言えるでしょう。

さらに、このような投資戦略は市場の変動に対して銀行を脆弱にする可能性があり、経済状況が不安定な時期にはとくにその影響が大きくなるのです。

しかし、鳥取銀行は、地方創生に積極的に参画しており、地域の経済や社会に貢献するための投資を行っています。

地域商社やインキュベーション施設などに投資することで、地域経済の活性化や、ビジネスチャンスの創出につながることが期待できると考えられます。

⑨新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスは、世界中で経済活動に大きな影響を与えています。地方銀行である鳥取銀行も例外ではありません。

このパンデミックにより、地域のビジネスや消費が大幅に減少し、それが銀行の業績に直接的な影響を及ぼしているのです。とくに、地域経済の主要な支えである中小企業の経営難は、銀行の貸出リスクを高めていると考えられます。

地域経済の回復が遅れることで、鳥取銀行の収益性にも影響が出てくるのではないでしょうか。

⑩国際競争力の欠如

鳥取銀行は、国際市場では大手銀行と比較して存在感が薄く、海外の取引や投資において競争力が低いようです。

具体的には、海外市場のニーズやリスクに対応できるノウハウや人材が不足していること、長期発行体格付が「BBB」と同業の中では低い水準であることなどがあげられます。

国際競争力の欠如は、鳥取銀行の成長機会を限定し、収益性にも影響を及ぼすのではないでしょうか。国際市場の変動に対応するためには、絶えず革新を追求し、柔軟な戦略を展開することが求められます。

鳥取銀行がやばいと言われる10の理由まとめ

以上の理由から、鳥取銀行が複数の課題に直面していることは間違いありません。これらは銀行だけでなく、地域経済や金融業界にも影響を及ぼしており、鳥取銀行の今後の動向が気になるところです。

とはいえ、鳥取銀行がやばいというのは間違った意見ではないでしょうか。

現在は、セキュリティや内部管理にも配慮し、暗号化通信やログインパスワードなどの安全対策もされています。また、三菱UFJ銀行との業務協力や地域の街づくりに関与するなど、競争力の強化にも取り組んでいるようです。

鳥取銀行は、地域内に多くの支店を持っているため、地元住民にとってアクセスしやすく、対面でのサービスや相談が容易です。大手銀行と比べ、より個人的でカスタマイズされた銀行サービスを受けられるので、顧客ひとりひとりに合わせた対応が期待できるというメリットもあります。

こうしたことから、鳥取銀行は安心して利用できる銀行であると言えるでしょう。