スーパーサンディがやばいと言われる3つの理由と口コミ

スーパーサンディ

出典:スーパーサンディ

スーパーサンディがやばいと噂されている。

その理由はなんだろう?注目を集めるスーパーサンディについて、深掘りしていきたい。

スポンサーリンク

スーパーサンディとは?

スーパーサンディは、スーパーマーケットではなく、ボックスストアを営む企業。

ボックスストアは、別名ハードディスカウントストア(HDS)と呼ばれ、1980年にドイツより輸入したものだ。

日本では珍しいかもしれないが、ヨーロッパでは主流になっているビジネスモデルだ。

そんなスーパーサンディ。なぜ、やばいと言われるのだろうか?

スーパーサンディがやばいと言われる理由

①日本最安値のスーパー

スーパーサンディの特徴は、なんといっても値段の安さ!

「業務スーパー」や「スーパー玉出」に並ぶ激安スーパーで、お惣菜や冷凍食品、お菓子などがお得に買い物できる。

国内製品の商品が豊富に揃っているのも特徴。

②安さの秘密!

スーパーサンディは段ボール箱のまま商品が陳列されている。

また品数の絞り込みも行っているため、鮮魚コーナーを設けず、野菜やお肉は厳選しているのが特徴だ。

他にも、セルフ会計の導入や、氷やドライアイスの過剰サービスを削減することで、少しでも安く商品を提供している。

ケースのままの陳列や、人件費削減によって価格を抑えているので、安くても高品質な商品が揃うのがポイント!

主婦にとっては、たのもしい味方のスーパーサンディ。

しかし、社員やバイト員からの口コミでは、また違ったスーパーサンディの姿が見えてくる。

③パワハラありのブラック企業?

スーパーサンディには、パワハラがあるというウワサがある。

ウワサの真偽は、本当に務めたことのある人にしかわからない。あったとしても、それを裁いたり意見する立場に筆者自身はいない。

ただ、主婦の味方のスーパーサンディが、社員にとっても好もしい企業であってほしいと思う。

どんな企業においても、人間がそこに関わる以上、コミュニケーションエラーが存在する。コミュニケーションエラーを防ぐには、人間関係を良好にすることが重要だ。

社内の人間関係が良好な職場では、コミュニケーションエラーが少なく、逆に上司が威圧的で部下が発言しにくい職場では、ヒューマンエラーが多くなると言われている。

ブラック企業だという口コミのあるスーパーサンディ。その真偽は不明だが、スーパーサンディのさらなる発展のためにも、ただの噂であることを願っている。

スーパーサンディの口コミ『パワハラに関すること』

研修期間中はよく打ち間違えました。シフトの数を減らされた

(上司が部下を)てめえ、おまえ、あんた 扱い

気に入らない社員とか、特に、したっぱのパートとか、人間扱いしてなくて ボロカスに言われる

(上司が部下に)辞めるよう、追い込みをかける

まあ社員がとにかく口が悪い

社員がヤクザ口調

店長は、胡麻すりしてくる社員、売上のいい社員だけ、まともな扱い

パワハラに関する口コミが多数見られた。中でも、暴言、言葉の暴力に関するものが多かった。

しかし、口コミだけでは真偽はわからない。

スーパーサンディの利用者からは、安さや広告の見やすさ、店舗の雰囲気をほめる口コミも多く見られていた。

スーパーサンディを愛用されている方は、口コミに惑わされず、今後も愛用していただきたい。

スーパーサンディの口コミ『ほしい品物がないことがある』

品切が起こった場合、次に同じ商品が入らないことが他のスーパーに比べて多い

自宅で定番だった調味料や加工食品、或いは菓子類がある日突然消え、別のメーカーの商品に入れ代わっていることがよくあります

安さを重視しているので、同じメーカーの品を在庫切れさせないようにするより、安く大量に仕入れられるメーカーから仕入れるようにしていると推測する。

スーパーサンディの安さは他店と比較しても抜きん出ている。その安さを維持するためには、並々ならぬ努力と創意工夫があるはずだ。

いろんな品が値上がりしている時代に、とことん安さを追求してくれるスーパーサンディはありがたい存在だ。今後もスーパーサンディを応援したい。