PR.婚活なら『こすまり』

ショップチャンネルお宝ポーチは胡散臭い?効果、口コミは?


テレビ通販であるショップチャンネルで売られているお宝ポーチ

お札と通帳が入る大きさのポーチで、願い事をポーチに入れると叶うと言われています。お仕事が増えたり、収入が増えたりと良いことが次々と起こるとされ、購入者の口コミも評価が高いものばかりでした。

しかし、お宝ポーチ金銀ザクザクというネーミングの胡散臭さ、本当に良いことは起こるのか、という疑問は誰しも感じてしまうのではないでしょうか。

怪しすぎる商品で否定的な考えしか思いつきませんが、本当のところどういった商品なのか、胡散臭いと思われる理由を調べてみました。

お宝ポーチが胡散臭いと言われる理由(考察)

①ショップチャンネルの時間帯

お宝ポーチの商品を紹介する時間帯はまばらで、主に午後12時、午後20時、午後23時の3回にわたってテレビで紹介されることもあれば深夜帯で見た、という方もいるので決まった時間帯はないように思えます。

ただ、時間帯だけを見たときに思うことは、忙しい時間帯の主婦層は見ないな、と感じました。

「高齢者が起きている時間帯を狙っている」との声もありましたので、シニア層を狙って購入させる構図に不信感は感じてしまいます。

②購入者の年齢層

お宝ポーチの商品を紹介するショップチャンネルでのモニターゲストは「だいたい60代ぐらいの年齢層が多い気がする」との投稿がほとんどです。

テレビ視聴者層は年々変化し、現在テレビを見ているのはネットを使わない層であるシニア層が多いと言われています。そのため、お宝ポーチは若い人向けの商品やデザインで作られているようには思えず、購入者のほとんどが年齢層が高いと安易に想像するのではないでしょうか。

購入者が年齢層高い方ばかりだと、お宝ポーチを持っていると金運が良くなるという宣伝に騙されて購入している、という否定的な感情が生まれるのは必然的に思えます。

③お宝ポーチの価格設定

お宝ポーチには色々と種類があり、価格も約3万~20万近い高額商品ばかりで、通常価格で購入するには簡単に手が出せない金額です。

しかし、メーカー希望小売価格から特別価格として大幅な値引き価格で販売されていることから、「購入を考えた商品が通常価格の半額以下なのはどうなんだろう」と不審に思う方もいるようです。

実際、国民生活センターでは、販売価格が大幅に値引きされた広告や通販サイトには要注意するように注意喚起を行っているため、テレビショッピングでの大幅な値引きは若い世代にとっては怪しいと感じてしまうのかもしれません。

ただ、シニア層にとってテレビでの情報しか得られないのであれば、『特別価格』に惹かれて思わず購入してしまうのではないでしょうか。

加齢とともに買い物をする際に商品情報を分析、判断する能力はどんどん衰えていくと指摘もあるため、高齢化が進む日本ではテレビショッピング市場の成長は衰えない状況にもあります。

④価格に見合わない品質

ショップチャンネルのサイトにて、口コミ評価の低い購入者からは「不良品が届いた」との声が多数あり、ほとんどが「ポーチのファスナーの調子が悪い」や「スムーズに開閉できない」などファスナーの不具合を指摘するコメントばかりでした。

それに加え、返品不可対象商品のため「高額商品で返品不可の場合は商品の品質チェックはしっかりしてほしい」との意見があり、購入していない方が見ても価格に見合わない商品としての悪いイメージを感じてしまいます。

商品の特長として『大金財の大開運』と宣伝しているのであれば、品質は一番大事にしなければ信憑性は欠けてしまいます。

⑤口コミ評価が高すぎる

お宝ポーチのショップチャンネルを見た視聴者からは、評価の高い口コミばかりを紹介する販売員に「本当かな」と疑心暗鬼になる視聴者もいるようです。

「口コミが良すぎて笑う」や「購入者や使用者からの感想が全部怖い」といった声もあります。

テレビ通販は販売員が購入後のイメージや商品の価値を伝えられるというメリットがあるため、評価の高い口コミばかりを紹介されては胡散臭さが増すのではないでしょうか。

⑥金運効果を感じない

神々が住む島、インドネシアのジャグジャカルタの神秘の地から金財・繁栄を願って、サイキックが特別に祈祷された商品であるお宝ポーチ。

財布や通帳など、金財ものを入れておくと金運が上がると言われていますが、「何も良いことはない」や「逆に出費が増えて大変になった」「金運アップどころかマイナスになった」との意見も多数あります。

「効果があった」との口コミ評価を信じて購入した方にはあまり効果は得られなかったようで、「誇大広告はやめてほしい」との意見もありました。

開運を謳う商品には気を付けた方がいいのは確かですが、効果を感じるのは人それぞれでタイミングもあると思います。

事実、「金運が上がった」との声も多数ありますので、全く効果のない商品として判断するのはとても難しいことだと思います。

⑦インドネシア製

お宝ポーチの原産国はインドネシアとなっています。

現地の有名なサイキッカーが特別に祈祷、儀式を行ったポーチで『富』、『繁栄』、『成功』のマントラの刺繍が施されています。

しかし、届いた商品が汚れていたり、ファスナーの不具合であったりと不良品が届くことが多いとのコメントもあり、「高額商品であれば日本製であってほしい」や「返品不可であれば検品はしっかりしてほしい」などの口コミもありました。

開運法の商品が海外製で粗悪品が届いたとなれば、特別に祈祷や儀式を行っているポーチの商品価値が低く感じてしまいます。

高額商品であれば、品質高く商品化してくれる日本で生産したほうが、より信憑性も高くなるのではないでしょうか。

⑧新しいお宝ポーチの販売回数

まず、高評価の口コミを見て感じたのが、何度も購入している消費者がいることの驚愕。

かなりの高額商品であるにも関わらず、「何個目かわからない」や「今回で3回目」「毎回でる度に購入している」といったコメントが目立っており、テレビショッピングのセールストークの凄さを感じました。

「今回はお買い得」や「お宝ポーチは新しい方が良い」といった言葉を聞くと毎回購入してしまうという消費者もいるようです。

ただ、「販売間隔が短いと効果が薄れてしまう」といった記載もあり、1年で何回も新しいお宝ポーチを販売していれば、不信感だけでなく、開運商法と何ら変わらない気もします。

テレビショッピングで買い物をするのは自由ですが、本当に必要な商品なのか一旦考え、購入してからの後悔が残らないようにも気をつけてほしいです。

⑨怪しいワード

テレビショッピングを見た視聴者から、「怪しいワードばかり連呼して怖い」といった意見があり、『サイキック』や『祈祷、儀式』といった怪しいワードを連呼し、一つの商品を褒めまくっていて怖さや怪しさを感じるとの声もありました。

スピリチュアル系をあまり信じていない人からみると音楽も進行もスピリチュアルのようだと怪しく見えてしまうのは当然のことだと思います。

霊感商法と比べてスピリチュアル商法はあまり危機感なく触れる女性が多いと言われているため、「効果がなかった」「商品を購入したが偽物だった」というような詐欺的な被害が多いのですが、本物だったかどうかというのは証明は困難で、信じて買った人に非があるとなりがちです。

スピリチュアル商法という詐欺被害も実際起こっている事例もあるため、幅広い情報を得やすい世代からは、お宝ポーチという商品に対して否定的な考えが強く感じられます。

⑩ショッピングチャンネルへ措置命令

テレビ通販最大手のジュピターショップチャンネルは、不当な二重価格表示があったとして景品表示法違反で消費者庁の処分を受けた事例があります。

問題となったのは、テレビとズワイガニの販売商品でしたが、一度処分を受けてしまうと、悪徳業者であるかのような印象をもってしまい、その処分内容を知った消費者からは、全ての商品において胡散臭く感じるのではないでしょうか。

お宝ポーチは胡散臭い?私の考えまとめ

幸運をもたらしてくれると言われているお宝ポーチですが、やはり開運商品と紹介されると胡散臭く感じてしまう方は多いと思います。

日本では運気があがるとされる商品は数多く存在するのに、なぜ高額なお宝ポーチが売れ続けるのか、購入者からの口コミも本当なのか不信感しか残りませんでした。

ですが、購入者からの口コミにもあったように「金運が上がった」との効果があると判断する人もいるように、効果がないから騙されたと判断する人もいますので、一概にお宝ポーチは胡散臭いと判断するのは難しく思います。

高額商品だから効果は絶対にあると信じるのもいかがなものかと思いますが、テレビ通販のみの情報は鵜呑みにはせず、しっかり商品情報の分析など十分に検討し周りの意見も一度は聞くことも一番大事であると思いました。