PR.婚活なら『こすまり』

内閣支持率は胡散臭い?からくり、なぜ高い、電話怪しい、うそ…真相は?

内閣支持率

出典:内閣支持率「38.7%」で“下げ止まり”の背景と、若い世代ほど岸田内閣に“厳しい”実像【JNN世論調査解説】 | TBS NEWS DIG (1ページ)

近年ではコロナやウクライナ情勢、マイナンバーカードなど様々な変化があり政治に興味を持たざるを得ない状況があったかのように思います。その中で、よく耳にした言葉【内閣支持率】。

誰に聞いているの?忖度しているのでは?そもそも内閣支持率ってなに?と1度は思った事がある人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、内閣支持率は本当なのか、胡散臭くないのかお話しします!!政治に詳しくなくても大丈夫!一緒に読んでいきましょう(^^)/

内閣支持率が胡散臭いと言われる理由を考察

①内閣への関心の低さ

内閣とは内閣総理大臣と内閣総理大臣が任命した国務大臣(財務大臣、法務大臣など)による行政を担う司令塔です。

内閣は各省庁に指示を出したり進み具合をチェックしたりする役割なので実務はしません。そして、国民の生活や経済のサポート、税金の管理、地球環境などの政策を打ち出すことも内閣の仕事の1つなのです。

内閣や政治家と聞くと関係のない世界に感じますが、担っている仕事は私達の身近な内容です。

しかし、日本の政治に対する関心は低いことが知られています。その中でSNSやメディアで多く取り上げられる内閣のニュースを関心が低いまま拡散されている事も胡散臭いと言われる一つの要因になっているのではないでしょうか。

②支持率とメディアへの不信感

支持率とは集団内でどのくらい支持されているかの割合を表していて、多くは政党に対して”支持する”と答えた人の割合を言います。

内閣の支持率が上がった、下がったとニュースでよく聞きますよね。内閣支持率は各メディアによって調査されているのでそれぞれ数値が異なります。

最近ではメディアとジャニーズ事務所の関係性が明らかになってきたことや、コロナワクチン等メディアが報道する情報についての不信感が高まっています。そのため、メディアによって行われた内閣支持率に対しても胡散臭さを感じてしまうのでしょう。

実は、支持率はスーパーやパチンコ店でも使われています。スーパーでは青果、鮮魚など部門ごとに数値を出し売り上げの向上に。パチンコ店では自店と地域にある他店の総客数や総台数をもとに計算し経営に反映させているそうです。

政治とは規模が違いますが、内閣支持率の数値もしっかり政治に反映されるようになれば胡散臭さが減り政治への関心も深まるのかもしれません。

③内閣支持率と現実の差

国民が体感している現状と支持率が相反している時に様々な批判が起きるため内閣支持率を胡散臭く思う人がいるのではないかと思います。

内閣支持率の調べ方は、簡単に言うと『1000人中100人から集めたデータが50%くらいだったから、1000人のデータも50%くらいだろう』と算出されています。これは標本調査という調査方法で有権者全体からいくつか抽出し、集めたデータをもとに有権者全体の特徴や方向性を推測しています。

そして、調査方法はRDD方式で行われていて、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて電話番号を作り、電話をかけて調査します。

無作為に選ばれているので信憑性は高そうですが、知らない電話番号を取らない人ももちろんいるので2000人に電話して回答してもらえるのは半数の1000人くらいだそうです。

つまり、1000人の回答が有権者の傾向として内閣支持率が公表されている。ということになり、正直それでいいの?と疑問ですが統計学ではおよその支持率は出せるそうです。

すべての人に回答を求めるというのは非現実的な事は理解出来ると思いますが、胡散臭さは感じてしまうのでしょう。

④口コミの多さは関心の高さなのか

SNSでは内閣支持率が胡散臭いという声が溢れています。

「内閣支持率上昇なんてあり得ない」「世論調査は信じられない」などのコメントが多くあります。

各メディアは対象者や回答率を公表しており、NHKでは年代別の分析結果も記載されていましたが、各年代の人数までは分かりません。

「誰に聞いているんだ。高齢者ばかりだろう」というネット上の声も多く、調査対象に携帯電話も含まれているとはいえ高齢者が多いのでは?という懸念を拭えてはいないようです。

「支持率の電話が来た」という声がSNSで多数投稿されていました。

「もちろん支持しないって回答した」という声が多かったですが、恐らく回答した人の中には以前であれば回答さえせず、支持率等興味も無かったのではないでしょうか・・

良くも悪くも内閣支持率に対しての批判が政治への関心に変わり始めているのかもしれませんね。

⑤首相の最側近”影の首相”

首相の最側近で”影の首相”とも言われている木原誠二元官房副長官の妻の元夫が不審死しており、その捜査に木原氏が圧力をかけたのでは・・という疑惑が相次いで報道されていました。

しかし、記者会見など公の場での説明はありません。2023年9月に行われた内閣改造で疑惑の件と私生活の問題などが報じられ、自ら官邸を去りました。

岸田首相は「もう報道も無いだろうし、警察も事件ではないと言っている、木原がいないと困る」とこぼしていたそうです。信頼できる部下を持てることは幸せな事ですが、国民が不信感を感じず胡散臭くない政治家を側近に置くことで支持率が上がるのではないでしょうか。

⑥ドリル優子の就任

安倍内閣の頃に経済産業省大臣に就任していた小渕優子氏は”ドリル優子”という異名を持っています。

政治資金流用の疑いで家宅捜索が行われ、押収したパソコンのハードディスクが電動ドリルで破壊されていた為ネット上で”ドリル優子””ドリル事件”と揶揄されています。

そんな小渕氏は党役員人事で選挙対策委員長に就任し「心に反省を持ち、決して忘れる事のない傷として歩みを進めてまいりたい」と涙ながらに語っています。これに対しSNSでは「被害者ぶっている」「なぜ涙?」など批判が出ています。

ドリル事件では小渕氏は嫌疑不十分により不起訴で本人も反省しているようですが、国民から胡散臭く思われているようです。

岸田総理は「政府一丸となって未来を切り開いていきたい」と発言している中での小渕氏の就任。内閣支持率の胡散臭さを拭えるのか今後に注目しましょう。

⑦旧統一教会と萩生田氏

旧統一教会との関係性が明らかになっている萩生田光一政調会長の続投が決定し「政権の事しか考えていない」「統一教会の解散を進める気はあるのか」など様々な声が上がっています。

旧統一教会について萩生田氏は「説明を続けてきた。取材に応じ詳細の説明はしてきた。関係を断って今日に至る。今後不備があれば求めに応じていきたい。」と発言しています。

旧統一教会の問題が明るみに出た当時内閣支持率は下落し、不支持が支持を上回りました。萩生田氏が続投していますが完全に関係を断っているのか懸念があり内閣支持率の胡散臭く思われるのかもしれません。

⑧岸田政策と国民の声

2021年から岸田内閣が発足し【異次元の政策】【大胆な政策】を掲げ様々な政策に取り組んでいますが、増税も多く批判が高まっています。

例えば、コロナへの対応や給付金、ウクライナ情勢への対応、物価高・エネルギー価格高騰対策のガソリン補助金や電気ガス水道料金の補助、賃上げ等国民の生活に関して対応してくれています。

その一方で、2022年から児童手当の所得上限超で支給停止、国民年金の納付期間を40年から45年に延長の方針、インボイス制度により免税事業者の消費税負担0%→10%に。他にも増税や実質増税、検討中の増税が多くあります。

低所得者や各家庭に給付金や補助金を配布したとしても、それは一時的なもので増税はずっと続きます。国民からは「補助金よりも減税して欲しい」という声が上がっています。

内閣改造によるものなのか支持率は少し上昇しましたが、今後も支持率は変化するでしょう。国民の声が届き胡散臭い支持率ではなく内閣支持率と言われる政策を期待したいです。

⑨内閣改造で何をアピール

2023年9月に行われた内閣改造で女性閣僚は過去最多に並ぶ5名になり、女性が活躍しているように見せていますが世間の受け取り方は違うようです。なぜなら、副大臣・政務官に女性が1人も起用されていないからです。

SNSやメディアでは「形だけになっている」「女性の活躍を世界や日本にアピールしたいのだろうが、副大臣と政務官は男性だけで反対に日本の遅れを世界にアピールしている」というような見方も出ています。

また、記者会見で「女性ならではの感性や共感力を発揮して」と発言し、まだそんな事を言っているのか・・など批判が出ています。女性、男性ということではなく個々の能力で評価された内閣が生まれると内閣支持率も信憑性のあるものに変わるでしょう。

内閣支持率は胡散臭い?まとめ

国民の多くは支持率が高くても低くても何も変化を感じず、内閣決定や内閣改造と聞いても『へぇ~』としか思わない人も多いのではないでしょうか。こうした国民の意識が内閣支持率が胡散臭いと言われる原因かもしれません。

”政治”と聞くと国会に集まっている議員の方達をイメージする人が多いと思いますが、国民全員が考えて声を上げる事が政治なのではないかと思います。そして政治家はその声を聴き実行していく人、その政治家を国民は選ぶことが出来ます。

私も内閣支持率は胡散臭いと思っていた一人ですが、調べるにつれ胡散臭い要因は沢山あることに気付きました。そして解決する方法は、この記事を読んでいる方達のように政治の事を考える人が増える事が第一歩のような気がします。

ここまで読んで頂きありがとうございました。