PR.婚活なら『こすまり』

マセマ出版社は胡散臭い?評判、誤植、網羅性、わかりにくい?

マセマ出版社

出典:マセマ出版社

「マセマは数学科向けの本ではない」という声が見られますが、果たして実際はどうなのでしょうか?

皆様は次のような疑問をいだいたことはありませんか?

  • マセマは練習問題が少ないの?
  • マセマの解説はわかりやすいの?
  • マセマはどんな人に向いているの?

今回の記事ではマセマが胡散臭い、数学科向けではないと言われる理由について見ていきたいと思います。

また、なぜそのような理由があるかや実際はどうなのかについて詳しく見ていきたいと思います。

数学の参考書であるマセマが気になっている方はぜひ参考にしてみてください!

マセマ出版社が胡散臭いと言われる理由(考察)

①マセマが数学科に向かない理由とは?網羅性がないとの噂が

マセマには基礎問題が多く掲載されており、応用問題が少ないため網羅性がないと言われています。

そのためなかなか応用力がつかないという考えの方がいらっしゃるようです。

網羅性がないとなかなか数学の力もつきにくいので数学科向けではないと思われる方がいらっしゃるのかもしれませんね。

ですが、基礎問題が数多いのでとても数学が苦手な方で最初の参考書にするには基礎をしっかり学ぶことができてとてもいい教材だと思います。

網羅性より基礎を重視されていることによって数学初心者の方でも最後までしっかり取り組むことができるいい参考書だということがわかりました。

②マセマには掲載されている練習問題が少ない?

マセマは解説が詳しくたくさん書かれているため練習問題が比較的少ないです。

そのため練習問題を多くといて数学を勉強したいという方にとっては物足りなく感じることがあるかもしれません。

そういった方は問題数が多く、しっかり演習ができる参考書を一緒に購入することをおすすめします。

問題数が少ないため何度も繰り返して参考書を完璧にするときにはとても便利。

何度も参考書を繰り返すことによって基礎を完璧に固めることができます。

マセマでは解説を読んで数学の概要を知ることができますので他の参考書を併用して問題数をカバーするのがおすすめです。

③口語調の解説が苦手な人もいる

マセマは口語調で解説されていますので、それが苦手な方には適していない参考書かもしれません。

ですが、口語で書かれていると読みやすく授業風に感じる人にとってはとても理解しやすい参考書。

参考書とは思えないほどすらすら本の感覚で読み進めることができるかもしれません。

口語調なので、実際に誰かに説明してもらっているように感じられるのでわかりやく理解もしやすくなるでしょう。

④証明が不十分なときがある

マセマは証明が省かれている問題もあるようで完全ではないという意見もありました。

問題によっては証明が不十分なときがあるようです。特に難しい定理などは証明が省かれていることもあるようです。

ですが、統計学の参考書では厳密な証明まで細かく解説してあるとの意見もありましたので人によってどう感じるかは違ってくるかもしれません。

また、学ぶ分野によっても証明がたくさんあるかどうかなどの違いもでてくるでしょうね。

⑤回答が同じページにのっている

マセマの教材は問題とその答えが同じページにのっているのでわからないと感じたら回答を見てしまい、自分の力で解くということをしなくなってしまうということがあるようです。

問題に行き詰ってしまって近くに回答が書いてあるとつい見てしまうこともあります。

ずっとわからずに止まっているより回答を見て納得して、2回目に解いた時に自分の力でできるようになっていたらそれでいいですよね。

ですが、回答が同じページに書いてあると問題を解き終わって答え合わせの時に便利。

いちいち違うページをめくって答えを探す必要がないのでスムーズに問題を解くことができるでしょう。

⑥表紙が胡散臭い

「スバラシク実力がつくと評判の」や「こんなにわかる」「単位なんて楽に取れる」など様々なことがたくさん書いてあるので、本当なのかどうか疑ってしまい胡散臭いと感じる方もいらっしゃるようです。

ですが、マセマの教材は実際解説が丁寧でわかりやすく単位も取りやすくなるのでとてもいい参考書だといえるでしょう。

⑦種類がたくさんある

マセマは分野や高校生用、大学生用とそれぞれに向けてたくさんの種類が発売されているので、本屋さんにすべての種類が売っている事が少ないです。

量が多すぎて自分に合っている参考書はどれかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。販売されている種類が多いと逆にどれを買えばいいのか迷っていしまいますよね。

ですが、自分の苦手分野の教材などを購入して問題を解くことによって、苦手分野を克服することができるのでとてもおすすめです。

種類がたくさんあることで様々なレベルの方に対応していてとってもいいですよね。

⑧値段が高い

マセマは値段が高いとの声が見られます。

確かに参考書は値段が少し高めなイメージがありますよね。文字量などが多く詳しく説明されている参考書ですから高くなってしまうのは仕方がないかもしれませんね。

ブックオフなどで中古のものを買うと安く手に入れることができますのでおすすめです!

ですが、高い参考書を購入することで無駄にしないように最後まで頑張ろうというモチベーションのアップにもつながるかもしれませんね。

⑨数学を研究したい人向きではない

マセマでは数学のおおまかなイメージをつかむのに適した教材ですので、数学をより詳しく深く研究していきたい人にとっては物足りなく感じるかもしれません。

ですが、表紙に書いてある通り、単位を取りたい人にとってはピッタリの教材。予習やウォーミングアップをして概要を把握するにはとってもいい教材です。数学を研究したいのではなく、とりあえず単位がとりたい人におすすめです。

大学で単位を取りたい方はキャンパス・ゼミと書かれているもので自分が学びたい分野の参考書を使用するとよいでしょう。

大学院入試にも使用できる参考書も存在していますので、マセマは様々な用途で使用することができる参考書です。

⑩参考書のレベルが低い

マセマでは数学の知識が全くない人向けの教材も販売されているため、数学中級者の方には物足りないと感じることがあるかもしれません。

偏差値が40くらいの方でも使用できるそうなので、数学初心者の方にはとってもおすすめです。具体的には初めから始める数学シリーズが基礎をかためるにはもってこいの参考書です。

本当に数学が苦手な方や数学が嫌いな方でどうにか克服しようと思われている方はこの参考書から始めてみるといいでしょう。

この参考書を繰り返し解いて完璧にすることで数学の基礎が身につくはずです。

ですので、数学の基礎をすでに理解している数学中級者の方は他の参考書を使用するのがおすすめ。

マセマにはたくさんの種類の教材が販売されているため、自分にあった参考書を見つけることができるでしょう。

まとめ

今回はマセマが胡散臭いと言われる10個の理由について見ていきました。

網羅性がないや種類が多いなど様々な理由がありましたが、見方によってはいい面だととらえられるものばかりでしたね。

マセマには応用力がつかないなどの意見もありましたが、数学初心者のかたにとっては解説が丁寧でわかりやすいのでとってもピッタリな参考書だと思われます。

数学が苦手でわかりやすくはじめに使用できる参考書を探していらっしゃる方にはとってもおすすめの教材です。