ja共済がやばいと言われる理由と口コミ

ja共済

出典:ja共済

スポンサーリンク

ja共済がやばいと言われる理由

職員の自爆営業

自爆営業とはJAの営業員が自ら保険に加入し、販売目標を達成する行為である。

この営業方法は、短期的には販売実績を上げるが、長期的な顧客満足や企業信用に悪影響を及ぼすリスクがある。

営業員の負担増加や金銭的な圧力が問題視されており、健全な営業活動の阻害要因となっている。

自爆営業は持続可能なビジネスモデルではなく、組織の倫理性や透明性の欠如を示す事例であるため、JA共済の評価低下につながってしまう。

解約へのハードルが高い

地域に根ざした組織のため地域の圧力や関係性により、解約しにくい雰囲気であるという声が多い。

解約する場合はJAの窓口に直接伝えに行かなければならない。

また、共済掛金は単なる預貯金ではなく、一部が共済金の支払いや事業運営の経費に使用される。

そのため解約時に戻る返戻金は、契約の保障内容や加入期間などに応じて変わり、払い込んだ総額よりも少なくなる、または戻らない場合もある。

商品ラインナップの限定性

JA共済は農業協同組合が提供しているため、商品ラインナップが限定的である。

一般的な保険会社と比較すると、選択肢の幅が狭く、多様なニーズに対応しにくいと言われている。

また、手続きが複雑で時間がかかる場合があり、スムーズに保険金を受け取れないケースもあげられている。

販売手法の問題

JA共済の販売手法には、強引な勧誘や地域住民への圧力があるとの報告がある。

特に地域社会においては、友人や職場の人からの勧誘によって断りにくい雰囲気が演出されることがあり、消費者の自由な意思決定を阻害するという声が上がっている。

収益性と持続可能性の問題

JA共済の収益構造には、将来的な持続可能性に疑問が投げかけられている。

農業人口の減少や加入者の高齢化により、保険料の収入が減少する一方で、支払い責任は増加しているとの懸念がある。

高齢者への不適切な契約

JA共済における不適切な契約の問題が浮き彫りになっている。

ある高齢女性は自身の意思とは無関係に、養老生命共済から終身共済への契約変更を強いられた。

この事案は、不透明な契約プロセスと、高齢者をターゲットとした不適切な営業慣行を示し、JA共済に対する信頼性の問題を深刻化させている。

ja共済の口コミ

JA共済には良いイメージがないね。うちの母は自宅全焼した時に、祖母が契約した農済のおかげで、民間の保険を受け取れなかった。

1か月経過してもJAから連絡がないことが2回あり、SNSメッセージは4か月以上音信不通

話していた過失割合が二転三転する

保険がおりるまで遅すぎる

ウェブでの問い合わせは機能していない

保険料は安いですが、安かろう悪かろうを実感しました

使わない為の共済という認識。いざ使う状況になると他の保険会社の方が頼りになりそう。

JA共済は自動車保険も火災保険も不払いが多すぎます

相手がJA加入者なら要注意!

対応の悪さから来年はJAから乗り換えを検討している

特に保険金の支払い遅延、連絡の不手際、対応の悪さを指摘している人が多い。

保険料が安いことは魅力的だが、そのサービスの質や信頼性に疑念を抱かせる事例が多く、消費者の不安や不満が感じられる。

まとめ

JA共済には自爆営業や解約の難しさなどの問題点が指摘されるが、地域密着型の運営や農業関連リスクに特化した補償内容は、地域のニーズに合致し、農業従事者には適した選択肢となる場合もある。