東日本銀行がやばいと言われる10の理由

東日本銀行

出典:東日本銀行

東日本銀行は2016年に横浜銀行と経営統合しました。

株式会社日本格付研究所から取得した格付は、上から2番目「AA」となっており、首都圏の比較的広域を主要な事業基盤として、安定した事業経営を続けています。

しかし、巷では東日本銀行がやばいと言われてるようです。

その原因として、店舗削減や不祥事などがあげられます。

そこでこの記事では、東日本銀行がやばいと言われる10の理由について詳しく調査しました。

スポンサーリンク

東日本銀行がやばいと言われる理由

①店舗削減

東日本銀行が店舗を削減している理由は、主にデジタル化と変化する顧客行動によるものです。

多くの銀行がオンライン取引やモバイルバンキングに注力し、顧客がこれらのデジタルサービスを利用する傾向が高まっているため、実店舗の需要が減少している可能性があります。

また、効率向上や経費削減の観点から、銀行はオフィスや店舗ネットワークの見直しを行うことがあるからです。

②不祥事

東日本銀行では、全83店舗のうち69店で、算定根拠が不明確な融資実行手数料を受け取り、余った分を歩積み両建て融資と呼ばれる方法で定期預金させていたことが発覚しました。

制度融資においても、地方自治体が支援する中小零細企業に対して手数料を受け取っており、協定書で手数料の徴収が禁止されているケースもありました。

金融庁は、極めて不適切な取り扱いが行われていると指摘。特定の副支店長が営業成績を上げるために不正融資を行い、7億円以上の損失を銀行に与えていたことも判明しました。

監査部門は不適切な融資などを見逃し、投資信託販売教務でも虚偽報告が行われていたことが報告されています。

③将来性

2016年に横浜銀行と経営統合した東日本銀行は、統合によりそれぞれの顧客にアプローチでき、地域の店舗が被らない利点があります。

持株会社の設立により、監督機能が強化され、経営方針や戦略の策定、事業の監督・指導が行いやすくなりました。特に中小企業への融資に注力し、地元の企業からの信頼が高いです。

日本格付研究所からの評価はAAで、安定した経営が認められ、将来性も期待されている銀行とされています。

④潰れる可能性は?

通常、銀行は厳格な規制と監督のもとで営業しており、潰れることは稀です。

しかし、経済の変動や金融市場の影響、不良債権の増加などがある場合には、銀行が安定性に影響を受ける可能性は否めません。

⑤金融犯罪に遭いやすい?

特定の銀行が金融犯罪に遭遇しやすいかどうかは、様々な要因に依存します。

一般的に、銀行は法的な規制と内部コントロールを強化しており、金融犯罪を防ぐために努力しています。

しかし、絶対的な安全性は存在せず、業界全体が進化する犯罪に対して常に警戒しています。

東日本銀行においても、金融犯罪を防ぐために様々な対策を講じているでしょうが、具体的な詳細や最新の状況は確認が必要です。

金融機関は定期的にセキュリティ対策を向上させ、監督機関と連携して不正行為を抑止しています。

⑥フィッシング詐欺に遭いやすい?

一般的に、銀行はフィッシング詐欺からユーザーを守るためにセキュリティ対策を講じていますが、どの銀行も完全なリスクがないわけではありません。

フィッシング詐欺の発生は、銀行や顧客がセキュリティ対策をどれだけ厳守しているかに影響されます。

ユーザーは常に注意が必要で、正規の東日本銀行のウェブサイトや公式アプリ以外のリンクや連絡先に注意を払うべきです。

また、銀行は二要素認証やセキュリティアラートなどを提供しているはずなので、これらの機能を有効に活用することが重要です。

最新のセキュリティ情報を確認し、疑念を抱く場合は銀行に直接問い合わせることが安全対策の一環となります。

⑦ネットバンキングの安全性

ネットバンキングの安全性は、銀行が取るセキュリティ対策やユーザーが適切なセキュリティプラクティスを実践することに依存します。

東日本銀行が提供するネットバンキングも一般的には高い安全性が期待されますが、具体的な保護対策は銀行ごとに異なります。

ユーザー側では、強力なパスワードの使用、定期的なパスワードの変更、公共の場でのネットバンキングの利用を避けるなど、セキュリティに対する注意が必要です。

また、銀行は暗号化技術や二要素認証などのセキュリティ機能を導入しているでしょう。

安全性に関して最新の情報を確認するためには、東日本銀行の公式ウェブサイトやセキュリティポリシーを参照するか、銀行の顧客サポートに問い合わせることがお勧めです。

⑧不正送金被害が多い?

一般的に、銀行はフィッシング詐欺からユーザーを守るためにセキュリティ対策を講じていますが、どの銀行も完全なリスクがないわけではありません。フィッシング詐欺の発生は、銀行や顧客がセキュリティ対策をどれだけ厳守しているかに影響されます。

ユーザーは常に注意が必要で、正規の東日本銀行のウェブサイトや公式アプリ以外のリンクや連絡先に注意を払うべきです。

また、銀行は二要素認証やセキュリティアラートなどを提供しているはずなので、これらの機能を有効に活用することが重要です。

最新のセキュリティ情報を確認し、疑念を抱く場合は銀行に直接問い合わせることが安全対策の一環となります。

⑨還付金詐欺

還付金詐欺は、悪意のある者が被害者に対して「ある種の還付金や返金がある」といった虚偽の情報を与え、それに基づいて個人情報や金銭を騙し取る手口を指します。一般的に、税金還付、保険金の還付、利用者向けの返金などの名目が使われることがあります。

この種の詐欺では、被害者は虚偽の連絡や通知を受け、その信じ込みから個人情報や銀行口座情報、クレジットカード情報を提供してしまうことがあります。詐欺師はこれを悪用して不正な取引を行うか、被害者から直接金銭を要求することがあります。

注意深い情報の確認や、信頼性のある組織からの通知を確認することが、還付金詐欺から身を守るための重要な対策です。

⑩強みや良い評判は?

東日本銀行の強みや良い評判には、店舗の近さや手数料の無料化など、利用者にとってありがたい特典があります。手数料が一般的に取られる中、このサービスは貴重なものと言えます。

統合により、横浜と東京それぞれでお互いの銀行を利用でき、引越し時にも銀行の窓口が利用可能な点が利用者にとって便利です。

東日本銀行のATMは、東日本銀行のキャッシュカードまたは横浜銀行のキャッシュカードを使用すると、平日の8:45〜18:00まで引き出し手数料が無料となります。これは日中の出先で手数料無料の銀行が利用者にとって便利なオプションであることを示しています。

東日本銀行には、インターネット専用の支店があり、おうちのパソコンからさまざまなお手続きが可能です。インターネット支店を利用すると、口座の取引確認や定期預金の申込、振込や各種料金の支払い、住所変更の受付などがオンラインで行えます。

東日本銀行はやばい?まとめ

東日本銀行が直面している問題は深刻で多岐にわたります。ITの未整備により、顧客へのサービス提供が低く、セキュリティ面での脆弱性が顕著です。

革新性不足もあり、競合他社に比べて新しい金融サービスの提供が追いついていません。これにより、市場での競争力が低下しています。

しかし、これは解決可能な課題でもあります。東日本銀行は先進的なITソリューションの導入やデジタルバンキングの充実を通じて、顧客体験を向上させることができるはずです。

また、新しい金融商品やサービスの開発に注力することで、市場でのポジションを強化できるでしょう。

東日本銀行の強みとしては、過去の実績や歴史が挙げられます。これを活かし、信頼性を高めつつ、積極的な改革を進めることで、市場での存在感をアピールできるでしょう。

これらの取り組みを通じて、東日本銀行は将来に向けて進化し、競争に打ち勝つことが期待されます。