ドクターハッシー(橋本将吉)は胡散臭い?調べてわかった4つのこと

皆様は「ドクターハッシー」をご存じですか?

「ドクターハッシー」とは、橋本将吉さんのことです。東京むさしのクリニック院長を務めていらっしゃる現役内科医の方です。「関わる人が元気になる活動をする」を使命として、YouTubeやSNSでの発信活動を通して活躍していらっしゃいます。

ドクターハッシーは、東京都小金井市出身の37歳。(2023年8月現在)

YouTubeでの発信は2018年3月頃から開始されて、現在はなんとチャンネル登録72万人。人気の動画は100万回以上再生され、健康、病気の予防や治療、医者の本音、医療のぶっちゃけ話など、健康に興味を持つ方、病気が気になる方、医療の裏側を知りたい方など、多くの方に親しまれています。

現役内科医でありながらも、患者目線の発信であること、そして親近感がわく話し方、そこには見る人を幸せにしたいという気持ちが表れていると評判です。

なんとそんなドクターハッシーが、「胡散臭い」と言われているというのです。そこにはいったいどんな理由があるのでしょうか。今回はその理由を考察していきます。

スポンサーリンク

ドクターハッシーが胡散臭いと言われる理由(考察)

理由1.ドクターハッシー自身が自分を「胡散臭い」と言っている

ドクターハッシーの動画を何本か視聴したところ、なんとご自身で自分のことを「胡散臭い」と言っている姿が見られました。

これについては、周りからの反応を受けてそのように話したのか、ご自身が自分のことを「胡散臭い」と感じたことで話したのかは判断できないのですが、この様子を見て、「ああそうか、ドクターハッシーは胡散臭いのか」と捉える素直な人もいるでしょう

しかし、ドクターハッシーが自分のことを「胡散臭い」と自己卑下している様子は、たしかにその通り「そうか胡散臭いのか」というふうにも捉える方もいると思うのですが、本人の人間性が垣間見える部分でもあり、悪い印象は持たれない…、むしろ、好印象を持つ方も多いのではないかと考えました。

理由2.マザコンという噂がある

ドクターハッシーのことを「マザコン」という方もいるようで、その点についても調べてみました。

37歳の現役内科医のドクターハッシー。さぞや女性からも人気があるのではないかと思いますが、現在のところ、その結婚に関する情報はありません。奥様やお付き合いされている女性の情報も出てきません。

一方で、お母様が何度かご自身の動画に出演されています。お顔は隠していらっしゃいますが、とても仲良くお話されている様子から、その関係の良さがうかがえます。

お母様も大変お忙しい方のようですが、昔は大変な教育ママだったようです。そのような話題を二人で楽しそうにお話されています。

本当に仲の良い親子でいらっしゃる上に結婚の情報もないので、このような様子を「マザコン」と捉え、その「マザコン」という言葉のイメージから「胡散臭い」と繋がっていることもありそうです。

ただ、動画を見る限りでは、飾らない二人の対話の様子はとてもほほえましいもので、好印象を持つ方も多いのではないかと思いました。

理由3.医者なのに芸人さんのようにお話上手

ドクターハッシーはとにかくお話が上手です。

ドクターハッシーは、将来医者を目指している学生さん向けの「医学生道場」の塾長を務めていらっしゃいます。ご自身の学生時代や医者の経験から、自分が大学の講義以外で教えてほしかったことを詰め込んだ医学生道場として、全国8か所、通信教育も対応しています。

そのような医学生に向けてご指導の経験からというのもあるのでしょうか。動画の中では、非常に難解な医療や病気の知識を、本当にわかりやすく、しかも面白く、印象的なご自身のイラストなども使いながら説明しています。ときにギャグや自虐なども交えて、まるで芸人さんのチャンネルを見ているようです。

ものすごく内容の濃い、情報量の多い動画なのに、軽く、かつ楽しく学べるのは、ドクターハッシーの実力の高さゆえだと思いますが、その芸人さんのような軽さと楽しさを「胡散臭い」と捉える方もいるのではないでしょうか。

ドクターハッシーの印象が、多くの方が持っているお医者さんのイメージ、誠実でギャグなどは一切言わない雰囲気の印象と、あまりにもかけ離れているというのもあるかもしれません。

難解な医学の知識を、まるで芸人さんのように楽しく面白くわかりやすく提供できていることが、「胡散臭い」に繋がっているとするのならば、その「胡散臭い」は、ある意味ドクターハッシーの強みと言ってもいいのかもしれません。

理由4.炎上の噂

ドクターハッシー「炎上」という噂があることも理由の一つとして考えられます。

YouTuberやインフルエンサーなら、炎上のリスクは常に付きまとうものだと思いますが、ドクターハッシーの動画や発信が実際に炎上したのかということについて調べてみました。

その結果、ドクターハッシーの動画や発信が炎上したという事実は見つかりませんでした。

しかし「ドクターハッシーが炎上した」と噂になっている理由と考えられる内容が二点見つかりました。

ドクターハッシーの動画のタイトルに「炎上覚悟」「炎上してもいい」など、「炎上」という言葉を使っているものがあること

ドクターハッシーの動画の中には、「炎上覚悟」「炎上してもいい」などという、「炎上」という言葉を使っているものがいくつか見られます。しかし実際にその動画が炎上しているわけではないようです。

「炎上」という言葉は、良くも悪くも興味を惹かれるものです。もちろんよくないイメージを持つ方も多いと考えられます。そのタイトルにだけ反応して「ドクターハッシー」=「炎上」=「よくないイメージ」=「胡散臭い」を結び付けている方もいるのかもしれません。

炎上した話題「コオロギ食」についての内容を取り扱って、ドクターハッシーが動画を撮っていたこと

以前、「コオロギ食」がニュースになり批判殺到、炎上が話題になったことがありました。ドクターハッシーは、その話題をもとに動画を撮っています。

また、ドクターハッシーの「コオロギ食」に関する発言に対して、「食糧危機の解決策として昆虫食の可能性を模索している、正式に委託を受けている研究機関」の代理人を名乗る弁護士から内容証明郵便が届いたことを、同じく動画にて自身が報告していました。

この件は、ネットニュースにも取り上げられ話題になりました。

ここでのポイントは、炎上したのは「コオロギ食」でドクターハッシーの動画は炎上していないことです。

ただ、その炎上した話題を取り扱ったということで、「ドクターハッシー」=「炎上」=「胡散臭い」と結びつけてしまっている方もいることが考えられます。

ドクターハッシーとしては、あえて「炎上」という言葉を使ったタイトルにすることや、炎上した話題を動画で取り扱うということで、視聴者の興味関心を引くきっかけを作ったということが推測されます。

しかし、「炎上」という言葉によくないイメージを持つ視聴者からすると、この言葉や関連する内容を扱うドクターハッシーについてもよくないイメージを結び付けてしまう人が、少なくないのかもしれません。

実際に「コオロギ食」関連の動画を見た人の感想コメントを見ると、共感、そして好意的なものが多いです。

ドクターハッシーは胡散臭い?私の考えまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドクターハッシーが、「胡散臭い」と言われてしまう理由について4つ考察していきました。
調べて分かったことは、ドクターハッシーに対する「胡散臭い」という印象は、決してよくないものではなく、好印象を持って言っていることが多いのではないかというところです。

チャンネル登録者数は年々増加し続けて、ドクターハッシーの医学の知識と内科医としての確かな経験に基づいて発信された動画や、発信は医療や健康に関心を持つ多くの方に届いていると言えます。

その親しみやすさや、芸人さんのような軽さ面白さなどが「胡散臭い」と捉えられているとするならば、その「胡散臭い」は強みと言っても過言ではないかもしれません。

「関わる人が元気になる活動をする」を使命として、日々お忙しく活躍されるドクターハッシーに興味を持った方は、ぜひYouTube動画をご覧になってみてくださいね。