PR.婚活なら『こすまり』

英雅堂は胡散臭い?水晶や宝石好きにはたまらないバスツアーって?

英雅堂グループ|山梨県の観光をクリエイト

出典:英雅堂グループ|山梨県の観光をクリエイト

皆様は、「英雅堂」をご存じですか?

「英雅堂」は、株式会社英雅堂・株式会社日食・株式会社旅日記の3つの法人から成り立ち、「英雅堂グループ」とも呼ばれています。

山梨県を拠点に『ワイン部門』『宝石部門』『ハーブ部門』『スパリゾート部門』など、幅広く事業を展開。「楽しく仕事をしよう!」を合言葉に、山梨の地場産業の活性化を目標に掲げ、「お客様が笑顔になっていただくための癒しの空間」をプロデュースしている企業グループです。

英雅堂グループ全体には、男女合わせて約260名のスタッフが在籍。年齢層は幅広く10代~60代の方が就業中です。山梨県内では、元気の良い企業グループとして知られています。

なんとその英雅堂が、「胡散臭い」と言われているというのです。そこにはいったいどんな理由があるのでしょうか。

今回は、その理由を考察していきます。

英雅堂が胡散臭いと言われる理由(考察)

①日帰りバスツアーにて、英雅堂商品の営業トークが胡散臭い!?

英雅堂グループの傘下にある施設「ハーブ庭園旅日記」と「宝石庭園 信玄の里」は、よく山梨県内を巡る日帰りバスツアーの日程にも組み込まれる観光地です。

実は、そのバスツアーで「ハーブ庭園旅日記」と、「宝石庭園 信玄の里」を訪れた方々の口コミの中に、丁寧な案内説明のあと、その店舗で販売している商品の紹介が始まった!など、あまり良くない印象を持った方の声が見られるのです。

施設のスタッフの方によるトルマリンを使った商品、トルマリンシーツやトルマリンネックレスについての紹介は、まるでテレビショッピングのよう…、などという声もありました。

中には「スタッフによる営業トークが面白かった」という好意的な口コミもあるのですが、

  • 商品の営業は必要ない
  • 冷めた目で見ていた
  • 途中で飽きてしまった

という声がやはり多く見られます。特に、果物食べ放題や酒造の見学を楽しみにバスツアーの参加した方からは、

英雅堂の庭園の見学は予想外。
商品の営業は全く期待していなかったもの。

と期待外れだったという感覚もあるようで、そこから良くない印象になり、「胡散臭い」に繋がってしまったことは十分に考えられると思います。ここまでは主に、はじめてバスツアーに参加した方の声です。

しかし、バスツアーの常連の方の中には、この営業トークこそ英雅堂グループ!と、このトークを楽しみにしていている方もいるようです。その方は、最近久しぶりに来たら英雅堂全体的なアクの強さは薄まってしまったと、寂しさを感じているようでした。昔はもっと白熱した営業トークだったのでしょう。

営業トークを胡散臭いと良くない印象を持つ方もいる中で、ハマってしまう方もいるという…。
人によって、好き嫌いがはっきり分かれてしまうタイプの企業グループなのではないかと感じました。

②英雅堂の商品を売りつけられて胡散臭い!?

理由①でも取り上げた日帰りバスツアーの口コミには、

  • 別のお客さんが20万円もするネックレスを勧められていた
  • 化粧水、クリームはあまり高額ではなかったので、飛ぶように売れていた
  • 商品を売りつけられた

などという声があり、そこから「胡散臭い」に繋がっている可能性があります。ただ、そういった声だけではなく、営業トークを受けて、その効果を理解して購入している方々からのお土産として商品購入できたことへの喜びの声もありました。

また、商品を購入しなかった方の中にも

無理矢理買わせる雰囲気はないので問題ない
購入する人の様子を見て楽しんだ

という声もあるので、それが「売りつけ」ということは断定できないと思います。特に宝石や天然石が好きな方や化粧品に興味がある方には、とても楽しいお買い物の時間になるでしょう。

でも興味がない方にとってはとても退屈な時間、しかもそれが長すぎてしまったりすると、とても苦痛な時間になってしまうことも考えられます。

そのような興味がない方が、スタッフの方の営業トークと、それに引き込まれて購入される方々の様子を見て、「売りつけている」と捉えて、そこにマイナスの印象を持ち「胡散臭い」と感じている方もいるのではないでしょうか。

③英雅堂の高額商品にびっくりして胡散臭い?

陳列されている商品の値段に衝撃を受けている方もいるようです。英雅堂はもともと宝石を取り扱っている企業なので、当然高額なものもあります。敷地内には1億円の石や〇十万円の宝石などが飾られているようですが、紹介される商品は比較的お手頃な価格のようで、購入できたことを喜んでいる方もいます。

ただ、口コミにはその高額商品の価格に驚いて、感覚がおかしくなりそうだと困惑している声もありました。

実際に、販売されている商品の価格について調べてみました。

ここまでにも登場したトルマリンシーツや化粧品などは、英雅堂グループのホームページでも購入することができます。

水晶や宝石、健康グッズなどは、Amazonや楽天でも購入することができ、価格もおそろしく高額なものではないと思いました。ちなみにトルマリンシーツは、Sサイズで29,700円でした。天然のトルマリンが使われていることを考えればお手頃と言っていい価格ではないでしょうか。

扱っている化粧品は、ローズゼラニウムというハーブによってつくられた商品。アトピーのお孫さんがきっかけになって誕生したのが、そのオリジナルのナチュラル化粧水の第一号だったそうです。化粧水はボトル一本1980円と、そこまで高額なものではないと感じました。

宝石などは万単位の、やはり高額なものもあるのですが、だいたいの商品はお手頃価格で販売されていることが分かりました。

ただ、価格の感覚は人によって違います。施設に入ってまず高額な宝石の値段を目にしてしまった方は、お手頃の商品もたくさんあるのに、それが全く目に入ってこず、格安バスツアーなのになぜ…、と困惑してしまう方もいるかもしれません。

そんな困惑が、「胡散臭い」に繋がっていることも考えられます。

④ゴージャスすぎる施設が胡散臭い

バスツアーの見学場所として入ることも多い、「ハーブ庭園旅日記」と、「宝石庭園 信玄の里」は珍スポットマニアには有名な場所のようです。

「ハーブ庭園旅日記」には、以前、白亜の宮殿とその屋根に真っ赤な王冠が乗っているゴージャスな建物がありました。そこは特にマニアに知られた場所だったようですが、現在はリニューアルされてゴージャスな真っ赤な王冠はなくなってしまいました。

「宝石庭園 信玄の里」は、宝石で作られた日本庭園です。巨大な池には朱色の太鼓橋がかかり、ゴールド七福神などが置かれているなど、これまたゴージャスなスポット。開運の御利益がある人工洞窟もあります。その中には御利益がある仏像や鳥居、更には大理石で作られた大きな男根像などもあるそうです。

この施設が珍スポットとして有名なのは、この男根像のせいでは…と感じている方もいるようです。口コミには、このゴージャスな珍スポットを、純粋に楽しんでいる方の声が多く見られます。

でも、「センスがない、悪趣味」という声もあり、そういった声が「胡散臭い」に繋がっている可能性もありそうです。

ちなみに「宝石庭園 信玄の里」は、現在(2023年8月)リニューアルオープンに伴い休業中です。もしかしたら珍スポットもなくなってしまうということもあるのでしょうか…。もしそうだったら、マニアの方はちょっと寂しくなるでしょうね。

英雅堂は胡散臭い?私の考えまとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、英雅堂が胡散臭いと言われてしまう理由について4つ考察していきました。

調べてわかったことは、英雅堂グループは、山梨の地場産業を活性化するために貢献して活躍している企業であること、そして、そしてその英雅堂グループが「胡散臭い」と言われてしまう原因は、日帰りバスツアーの口コミからから来ているものが多いということです。

口コミの中には、豪華な建物内の雰囲気や、普段目にすることのない宝石、珍しい商品紹介を、純粋に楽しんでいる声も多くあるのですが、それをよく思わない方の声もありました。

よく思わない方は、「日帰りバスツアーでこんな場所に来ると思わなかった」という期待を裏切られた感覚を持ってしまっているところもあるようで、英雅堂の問題というよりも、バスツアーの打ち出し方はどうだったのだろうかと、そこに問題はなかったのだろうかと考えさせられるところもあります。

日帰りバスツアーの見学で利用されている「ハーブ庭園旅日記」と、「宝石庭園 信玄の里」は、英雅堂グループの経営内の一部にすぎません。山梨県内での英雅堂グループ全体の経営状況を知る機会があれば、「胡散臭い」という声も減っていくのではないかと思いました。

他県から日帰りでやって来て、そのあたりを理解することはなかなか難しいのかもしれませんが、日帰りバスツアーの案内やパンフレットなどにも、英雅堂グループのことや見学する施設についての紹介が詳しく書いてあるとよかったのかもしれませんね。

英雅堂グループは、宝石などを扱う山梨県では知られる企業グループですし、その傘下にある「ハーブ庭園旅日記」と、「宝石庭園 信玄の里」は、珍スポットとしてマニアに知られる場所でもあるので、そういったことを事前に知っておくことができれば、困惑することもなくなるのではないでしょうか。さらにツアーに興味を持って楽しく参加することができるかもしれません。

創業から60年以上、地域に貢献し拡大を続ける英雅堂グループ。創業100周年に向けて、今後もさらなる活躍を応援していきたいですね!