どろんこ保育園がやばいと言われる5つの理由

どろんこ保育園

出典:どろんこ会ホームページ

どろんこ保育園は、子どもたちの「にんげん力」を育むために、自由な活動環境と直接体験を重視した保育を実践。

兄弟姉妹との共同生活や食の教育にも力を入れ、生命の循環や自然との関わりを大切にしている。

しかし、労働環境や安全対策について「やばい」と言われているようだ。

この記事では、その背景にある理由と、どろんこ保育園の内情について深掘りします。

スポンサーリンク

どろんこ保育園がやばいと言われる理由

①安全対策の不足

どろんこ保育園では、異年齢保育やインクルーシブ保育など独自の教育方針を採用しており、子どもたちに豊かな体験を提供している。

しかし、その一方で「安全対策の不足」という問題が指摘されているようだ。

特に、東京都世田谷区の駒沢どろんこ保育園では、園児の見失い事故が発生しており、これが大きな懸念事項であると言える。

再発防止策として、散歩の際のロールプレイング研修を実施するなどの取り組みが報告されている。

しかしながら、園児の安全を確保するためには、さらなる改善が求められている状況であると考えられる。

②過酷な労働環境

どろんこ保育園における労働環境は、スタッフにとって大きな課題となっています。

この保育園では、子どもたちに多様な体験を提供するために、畑仕事やヤギの世話など、一般的な保育業務を超えた活動を取り入れている。

これにより、スタッフは高いやりがいを感じる一方で、その労働環境の厳しさについて多くの口コミが寄せられているようだ。

保育業務のみならず、体を使った活動が多くを占めるため、スタッフへの身体的、精神的な負担が増大していると考えられる。

このような状況が、「やばい」と認識される理由であり、改善が求められているのだろう。

③離職率の高さ

どろんこ保育園における離職率の高さは、転職会議などの口コミサイトで問題視されている。

離職理由としては、過剰な仕事量による体調不良を挙げる声があり、これが高離職率の一因であると考えられる。

これらの問題は、園の運営や子どもたちの保育質にも影響を及ぼす恐れがあり、スタッフの健康とワークライフバランスの改善が急務であると言える。

④本社のビールサーバーの存在

社会福祉法人どろんこ会の本社にビールサーバーが存在することは、一部で疑問視されている。

このビールサーバーが業務中や業務終了後のどちらに使用されているかは明確ではないが、保育園運営の本質からはやや乖離しているとの指摘があるようだ。

労働者が厳しい環境で働いているなか、本社の潤いが現場の改善に反映されていないことに対する疑問や不満が生じていると考えられる。

この状況は、労働環境における改善が必要であることを示唆しているだろう。

⑤給料の誤った理念

社会福祉法人どろんこ会における給料に関する誤った理念は、一部で批判の対象となっている。

入社説明会で、「お金のために働いているのか」と問われ、給料は「遊びのためではなく勉強のために支払っている」との趣旨が伝えられたとの報告がある。

このような考え方は、生活を支え、職業としての尊厳を持って働く保育士にとって、適切な評価や待遇を受けているとは感じられない可能性があるだろう。

労働者がその労働に見合った報酬を求めるのは自然なことであり、この理念は改められるべきだと言える。

どろんこ保育園はやばい?まとめ

どろんこ保育園は、独自の教育方針の下で子どもたちに多様な体験を提供しているが、安全対策の不足、過酷な労働環境など、複数の問題が指摘されています。

これらの問題は、園の運営や保育質に影響を及ぼし、スタッフや子どもたちの健康と幸福に対する懸念を引き起こしていると言えるでしょう。

しかしながら、子どもたちに豊かな自然体験や社会性を育む環境を提供している点は大きなメリットである。

問題に対して真摯に向き合い、働きやすい環境を整えることが、園の運営や保育質の向上につながるのではないだろうか。