PR.婚活なら『こすまり』

アテニアの親会社は『ファンケル』|不祥事・功績・口コミ

ファンケル

出典:会社情報 | FANCL ファンケル

アテニアの親会社は『ファンケル』

アテニアは、ファンケルグループの一員であり、その連結子会社として位置づけられている。

ファンケルは1981年に設立され、その8年後の1989年にアテニアが誕生。ファンケルの傘下にあることから、両社は密接に連携して事業を展開しているようだ。

ファンケルグループの一員として、アテニアはファンケルの理念と品質基準を受け継ぎつつ、独自の商品ラインナップを市場に提供している。

アテニアの親会社『ファンケル』の特徴

ファンケルは、美と健康の領域に焦点を当て、世の中の「不」を解消することを目指している企業である。「安心」「安全」で高機能な化粧品の提供を通じ、世界中の人々の生活の質の向上に貢献している。

同社は、研究・企画・製造から販売に至るまでを自社で一貫して行う製販一貫体制を採用しており、これが大きな強みとなっているようだ。この体制により、顧客の声やニーズを迅速に製品開発に反映させることを可能にしていると考えられる。

ファンケルの特徴である、無添加へのこだわり、顧客志向の姿勢、世界に先駆けた製品開発は、ファンケルが美と健康の領域で独自の地位を築く上での重要な要素である。これらの特徴は、創業以来追求してきた「不」の解消を通じ、顧客に喜ばれる製品の提供を続けていることに他ならない。

アテニアの親会社『ファンケル』の功績

1970年代後半の化粧品公害問題に際して、ファンケルは世界に先駆けて肌トラブルの原因となる防腐剤や添加物を一切使用しない無添加化粧品を開発。この取り組みにより、敏感肌を持つ人々も安心して使用できる製品が提供されている。

また、ファンケルは顧客志向を重視し、製品の品質と安全性の追求に力を注いでいるようだ。特に、製造年月日の表示や使い切りミニボトルの導入は、創業者の池森賢二による化粧品業界における先駆的な試みとして知られている。

これらの取り組みを通じて、ファンケルは顧客に喜ばれる製品の提供を続け、その原点である「不」の解消を追求しているのだ。

アテニアの親会社『ファンケル』の不祥事

ファンケルは、美と健康の領域における無添加化粧品の先駆けとして広く信頼されているが、過去にはいくつかの問題も報じられている。

2003年には、関連会社への転籍を拒否した従業員2人が、仕事を与えられない、他の社員と隔てられたデスクに着かせられるなどの「いじめ」に遭遇した事例があった。これらの行為により、元従業員2人は精神的苦痛を訴え、その後うつ病と診断されるに至ったのである。

こうした不祥事は、企業倫理と労働環境の改善に関する重要性を浮き彫りにするものであった。しかし、ファンケルはその後も無添加化粧品の分野での革新と品質の追求を続け、多くの消費者からの信頼を得ているようだ。

これは、ファンケルが直面した課題の一例であり、企業が社会的責任を果たす上での課題を示していると言えるだろう。

アテニアの親会社『ファンケル』の世間からの印象

自然で安心感のあるメーカー

商品管理を徹底していて新製品開発に熱心なイメージ

高品質で人気がある

高級品を高級路線でなく希少性で勝負するビジネスモデル

無添加で肌に優しい

日系化粧品で1番温厚、優しい

ファンケルには昔から接客面でいいイメージしかないし実際にいい経験しかしてない

FANCLって自然派化粧品の中でも効力あるし続けやすい品質なんですよね!

案件でも何でもないただの個人的オススメですが、コラーゲンドリンクはファンケルのが一番

ファンケルの睡眠&疲労感ケア、サプリ系でまともに効果実感できたのはこれが初めてかもしれない。服用の有無によって、明らかに寝起きのコンディションに差がある。なんかヤバいの入ってないよな

これらの口コミから、ファンケルは世間から自然で安心感のあるメーカーとして認識されていると分かる。商品管理の徹底や新製品開発に熱心なイメージがあり、高品質であること、無添加で肌に優しい製品を提供していることなどが評価されているようである。

また、接客にも好感を持つ顧客が多く、製品の効果に実感を伴う声も寄せられていることから、世間からのファンケルの印象は好意的であると考えられる。